おまとめローンおすすめ比較ガイド

旅行や引っ越し、子どもの進学などで物入りになり、キャッシングなどをしているうちに複数の金融機関からの借り入れが増えてしまった、という人は案外多いものです。 最近では、そうした借り手のローンを一本化してくれる「おまとめローン」というものがあります。ここでは、おまとめローンを利用した場合のメリットやデメリットをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

  1. おまとめローン利用のメリット・デメリット
  2. 金利が高くなるケース
  3. 返済総額が高くなるケースとは
  4. 審査にはどのようなものがあるのか?
  5. おまとめローンの賢い選び方
  6. 必要な書類についてのまとめ

みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方はご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません!
高限度額(10~1,000万円)、低金利(4.0~14.0%)が特徴のひとつです。
ご希望限度額200万円以下は所得証明書不要!
審査 最短即日 融資 最短即日
金利 4.0%~14.0% 最低返済額 10,000円
限度額 1,000万円 無利息期間 なし

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は銀行だから安心の金利年4.6%~年14.6%、最高500万円までご融資。
インターネットで24時間申込受付中!最短即日カード発行可能です。
※審査結果のご連絡は9時~21時(土・日・祝日は9時~17時)申込受付時間、審査状況によって審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。
テレビ窓口なら最短40分で審査可能
審査 最短30分 融資 最短融資ご利用可能!
金利 4.6%~14.6% 最低返済額 1,000円
限度額 500万円 無利息期間 なし

ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!来店・口座開設も不要で手軽に申し込めます。特定分野に絞ることで、商品・サービスに磨きをかけています。メガバンクや地方銀行のような総合的なサービスをご提供するのではなく、得意分野に特化し、強みのある分野の商品・サービスを充実させ、お客さまのニーズにお応えしています。
ご希望限度額300万円以下は所得証明書不要!
審査 最短即日 融資 最短即日(オリックス銀行カードローンはカード発行後、最短即日融資可能)
金利 3.0%~17.8% 最低返済額 7,000円
限度額 最高800万円 無利息期間 なし

レイクは新生銀行グループの消費者金融会社です。アルバイト、派遣、パートの方も申し込むを受け付けしています。CMでも人気の消費者金融です。金利が他と比べやや高めであることが特徴です。大手銀行グループの参加であることから、人気のある消費者金融ですが、やや審査は厳しめとも言われています。
安心!CMでも人気の消費者金融!
審査 最短30分 融資 最短即日
金利 4.50%~18.0% 最低返済額 3,000円
限度額 500万円 無利息期間 180日間 / 30日間

テレビCMでおなじみの消費者金融会社、アイフルです。国内では非常に大手に分類される消費者金融会社で、安定感や信頼感から人気があります。初めての方におすすめできる消費者金融です。アルバイトや派遣社員、主婦(専業主婦除く)の方、自営業や法人の方も申込みが可能です。女性には女性専用ダイヤルもあります。
あなたの今すぐに対応!
審査 最短30分で審査完了 融資 最短融資ご利用可能!
金利 4.5%~18.0% 最低返済額 4,000円
限度額 500万円 無利息期間 なし

アコムは消費者金融初心者に非常に人気があります。CMでも非常に有名で利用可能ATM(※提携CD,ATMの詳細についてはHPより参照下さい)も非常に多くあります。ネットで申し込むと3秒で診断可能で、最短30分で審査結果が解ります。消費者金融会社の中でも屈指の大手です。初めての方におすすめできる消費者金融です。
はじめての方なら最大30日金利0円
審査 最短30分で審査回答 融資 最短即日振込も可能
金利 4.7%~18.0% 最低返済額 3,000円
限度額 500万円 無利息期間 最大30日

三井住友銀行グループの消費者金融、モビットです。CMでも有名で多くの方に非常に人気のある消費者金融です。大手であることから利用可能なATMも非常に多く、審査時間も短いのが特徴です。初めての方にお勧めできる消費者金融です。最短即日での融資も可能。14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては希望に沿えないことがあります。
あなたの未来にリンクする「三井住友銀行グループのモビット」
審査 10秒結果表示 融資 最短即日
金利 4.8%~18.0% 最低返済額 4,000円
限度額 500万円 無利息期間 なし

30日間無利息(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録された方が対象)でおなじみのプロミスフリーキャッシングです。アルバイトやパート、派遣の方も申し込むことができます。借り入れ可能かどうかはネットで3項目を入力するだけ、3秒で分かります。祝祭日の申込は、プロミスATM、コンビニ提携ATMを利用すればキャッシングすることが可能です。
はじめてならプロミス!30日間利息ゼロ!
審査 最短30分 融資 最短即日
金利 4.5%~17.8% 最低返済額 2,000円
限度額 500万円 無利息期間 30日間

おまとめローン利用のメリット・デメリット

おまとめローンのメリットは、大きく2つに分けられます。ひとつは、金利を低くできれば毎月の返済額を合法的に減らすことが可能となる、というところにあります。おまとめローンを提供しているのは銀行系と消費者金融系があり、どちらも金利の圧縮をしたり、返済期間の調整をすることで、金利負担を軽減して返済しやすくしているのです。たとえば、1社からの借入額が50万円の場合は年率18%だったりします。これが4社でも1社あたりの年率は18%です。 しかし、これらの借り入れを一本化することで、200万円の借り入れとなり、年率を半分の9%程度に抑えることが可能になります。

仮に30万円を5社から借りて、それぞれ30万円×18%×5社となれば、一年間の金利負担は27万円にもなります。しかし、この30万円×5社を1社にまとめることで、150万円×8.7%×1社となり、一年間の金利負担は13万円になります。その差は14万円にもなるのです。借り入れ先を変えるだけで毎月の返済額が1万円以上安くなるのですから、使わない手はないと言えるでしょう。もうひとつのメリットは、返済窓口を一本化することで、計画的に返済しやすくなる、ということがあります。複数の金融機関から借りている場合、返済日が異なっていたりして返済が頻繁になり、家計の管理が困難になることがあります。おまとめローの利用でそうした煩雑さを解消できるのです。

さて、おまとめローンはメリットだけでしょうか? 実はデメリットもあります。もし、ローン返済の一本化をきっかけに返済額を少なくした場合は、返済期間が長くなってしまいます。実はこれがおまとめローンを提供する金融機関の狙いなのですが、長期に安定して返済してくれる借り手は、良いお客さんなのです。たとえば、トータルで300万円を借りていて毎月の返済が13万円だとします。これを一本化して金利を18%から15%に抑え、毎月の返済を8万円に減額できたとします。 しかし、返済期間を3年から6年に伸ばしてしまった場合には、返済総額は100万円以上も増えてしまうのです。

返済窓口を一本化したいと考えている人は、毎月の返済額を減らしたいわけですから、そのタイミングで毎月の返済額が5万円も減るのなら、返済期間が長期化してもいいと考えてしまう傾向にあるのです。これは実は、追加で借り入れをしたのと同じことになってしまいます。 ローン支払いを一本化して毎月の返済額が減ると、ついつい「借金が減った」と思いがちです。 せっかくローンの一本化で借金返済の出口が見えかけたのに、気づかないうちに追加で借金をして返済が長期化するという事態にならないよう、十分に気をつけましょう。

金利が高くなるケース

「おまとめローン」は、複数の債務を一本化させることで、金利と毎月の返済の負担を低くしてくれるもので、一見すごくお得なローンです。一見、絶対に利用したほうが良い! と思うかもしれませんが、実は「おまとめローン」はうまく利用しないと逆に損をしてしまうケースがあるのをご存じですか? 金利が高くなってしまうケースとしては、ショッピングローンや自動車ローンなどを含めた一本化です。自動車ローンなどは低金利のものがあるので、「おまとめローン」で借り換えしたことで逆に金利が高くなってしまうかもしれないからです。

「おまとめローン」を利用するときは、消費者金融か銀行カードローンを利用することになりますが、消費者金融が大体15.0%~18.0%の金利、銀行カードローンが14.0%~15.0%の金利というような相場となっています。
消費者金融は、利息制限によって100万円以上の借入の場合は上限金利を15.0%まで下げなければいけなくなりました。ところが、100万円未満の場合は18.0%が適応されてしまうので、かなりの高金利での一本化となってしまいます。


一方で、ショッピングローンやリボ払いの返済などのローンの場合は10.0%~15.0%程度の金利で借入しているケースがほとんどです。そのため、消費者金融で一本化してしまうとほぼ間違いなく金利は高くなってしまうことが分かります。銀行カードローンで一本化したとしても、金利はおなじくらいか、やや高くなってしまいます。「おまとめローン」を使ったことで金利が高くなると、支払い利息が増え、返済総額が多くなってしまうので、損をしてしまうことになります。ですので、現在の借入状況を把握して、「おまとめローン」の金利との比較をすることが重要です。

返済総額が高くなるケースとは

「おまとめローン」は、うまく使えば返済がラクになる反面、注意しないと逆にちゃんと今より金利が低いところに乗り換えたのに、気付かないうちに損をしているケースがあります。代表的なのが、「返済期間を延ばして支払い利息が増えた」というケースです。おまとめローンに多いうたい文句は「月々の返済額が減る」という甘い言葉です。しかしこれは、ただ単に「返済期間が伸びただけ」ということ。返済期間が延びれば、当然それだけ支払う利息も多くなるわけです。

例えば、元本300万円で、金利が年率18.0%から15.0%になるとして、返済期間が3年から6年になったとします。
おまとめ前は、300万円+162万1479円(年率18%で3年分の利息総額)=462万1479円(返済総額)。
おまとめ後は、300万円+270万2465円(年率15%で6年分の利息総額)=570万2465円(返済総額)です。 このように比べてみると、なんとおまとめ後のほうが、返済総額が100万円近く増えてしまいました。これは、返済期間を延ばしたために利息を支払う回数が増えてしまったためです。

10万円を低金利10%で1年間借りた場合、利息は10万円。10万円を低金利10%で1年間借りた場合、利息は10万円。また、10万円を高金利20%で1ヶ月借りた場合、利息は16667円。このような計算から低金利でも、損をしていることがわかります。返済期間が長くなれば総返済額は大きく増えてしまうので注意が必要です。

審査にはどのようなものがあるのか?

今抱えている複数のキャッシングを一本化して、「おまとめローン」でスッキリさせたい人はたくさんいるはずです。そこで大事になってくるのが「審査」になります。せっかく低金利な「おまとめローン」をみつけても審査でNGだったら勿論ローンを組むことはできません。ですのでどんな「審査」が行われるのかを知っておくことが重要です。

審査で重要視され4つのポイント

  1. 他社借入件数
  2. これはかなり重要なポイントです。借入の総額よりも借入件数のほうが重視されます。 例えば、総額200万円をキャッシングしているAさんとBさんがいるとします。 Aさんは50万円を4社から借りていて、Bさんは200万円を1社から借りているとします。

    2人を比較したとき、業者から見ると、Aさんは1社あたりの限度額が低いので、返済実績が足りず、業者からの信用度が低いと見なされる傾向にあります。一方、Bさんは1社あたりの限度額が高く設定されていることが分かります。通常限度額は50万円からスタートすることが多いので、200万円までアップするには、最低でも一年以上の返済実績があって、それだけの信用を得ていると考えることができます。

    借入件数が少なく、限度額が高いほど審査は有利になりますので、3件以内であれば、融資を受けられる可能性がありますが、合計で4件~5件となると融資を受けられないかもしれません。また、5件以上の借り入れがある場合は、それ以上の融資を受けられない可能性が高いです。

  3. 多重申し込み
  4. 多重申し込みとは、短期間のうちに複数の業者に申し込んだことをいいます。一か月に3社申し込んだ場合は、多重申し込みと見なされます。それだけ現金を必要としている、ということが想像でき、返済がきちんとなされるのかどうか要チェックとなります。業者側は、必ず信用情報機関でその人の信用情報を確認します。

    そこで、短期間で複数の申し込みがあると、それだけで「要注意人物」と判断」されてしまいます。金融機関へのローン申し込み履歴は、通常6ヶ月間掲載されます。ですので、短期間に複数社から借り入れた場合は審査が通りにくくなりますから注意が必要です。

  5. 事故情報
  6. 過去に返済の遅延などのトラブルを起こした場合、信用情報にその事実が残ります。主に、3ヶ月以上の延滞、不払い、責務整理などが該当します。このような情報は5~10年間保存されますから、覚えておくと良いでしょう。

  7. 勤続年数
  8. 勤め人の場合、勤続年数は短いよりも長いほうが有利です。少なくとも1年間は同じ会社で働いていたほうが良いでしょう。職業としては、公務員、次に大手企業のサラリーマンと言われています。アルバイトだから審査に絶対通らないということはありませんが、一般的に安定した職業に長く就いている方が審査に通る可能性は高まります。

おまとめローンの賢い選び方

「おまとめローン」には、どういったものがあるのでしょうか。その特徴について理解して、自分に適した「おまとめローン」を選べる目を養っておきましょう。
  • おまとめローンの種類を知ること
  • 「おまとめローン」は、大きく分けるとまず「おまとめローン専用ローン」と「カードローン」に分けることができます。 「カードローン」はおまとめローンではないのでは? と思われがちですが、一般的にカードローンというのは、資金使途が自由なので、借りたお金は自分の使いたいことに使っても良い、というものです。ですので、借り換えやおまとめにも利用が可能になるというわけです。

  • おまとめローンの種類によるメリット・デメリットを知ること
  • 「おまとめ専用ローン」のメリットは、低金利、高額融資可能なローンで複数の債務の一本化ができることにあります。カードローンとは違って、途中で追加の借入ができないので、返済に向けてしっかり返済していくことができます。一方のデメリットは、まず審査が厳しく、時間もかかる傾向にあるということでしょう。 「カードローン」のメリットは、銀行カードローンを利用すれば、低金利で高額な融資が可能ということにあります。利用条件もさほど厳しくありません。銀行カードローンのなかには、借り替えやおまとめ利用に対して理解があるところもあるので、そういったところを利用するのも良いでしょう。デメリットとしては、返済専用のサービスになっていないため、新たに借入れができ、なかなか返済が完了しないという点です。

  • 銀行か消費者金融かどちらを選べばよいのか考える。
  • 「おまとめ専用ローン」は、「銀行」系と「消費者金融」系があります。 銀行系の場合は、低金利で高額融資が可能です。しかし、審査に時間がかかり厳しい傾向にあり、2週間程度かかることがあります。一方の消費者金融の場合は、総量規制の例外貸付として、年収の3分の1を超える借入が可能となっている利点があります。比較的審査時間も短く、銀行ほど審査が厳しくないのも特徴です。


必要な書類についてのまとめ

「おまとめローン」の契約で必要な書類は、本人確認書と収入証明書類です。収入証明書としては、源泉徴収書、住民税決定通知書、確定申告書、給料明細書などが該当します。

ひとつずつ説明しますと、本人確認書類とは、申し込んだ本人に間違いないことを証明するものです。通常は「運転免許証」を用いることが多いです。運転免許証を持っていない方は、健康保険証やパスポートを用いることも可能です。一般的なカードローンの申し込みでは、顔写真付きの本人確認書類が必要となりますから、運転免許証を持っていない場合はパスポート、または写真付きの住基カードを用いたほうが良いでしょう。

収入証明書類とは、源泉徴収票や、所得証明書など、自分の収入を証明する書類のことです。役場などで取り寄せることができます。個人事業主の方については、「確定申告書の写し」が必要という場合もあるので、カードローン会社の説明をよく確認しましょう。

また、給料明細書は、直近2カ月分が必要となります。「発行年月」「氏名」「勤務先名」「総支給額」が明記されていない場合や、印字ではなく手書き部分がある場合は、勤務先の社印が必要になるので注意してください。

引っ越しや転居などで本人確認書類に記載されている住所が現在の住所と異なる場合は、お客 様の氏名、現在の住所の両方が記載されている、公共料金の領収書、住民票の写し、印鑑証 明書のどれかを書類の原本と合わせてご用意ください。 他にも、住民基本台帳カード(住基カード)、在留カード、特別永住者証明書、公的証明書(住所、氏名、生年月日、顔写真あり)、個人番号カード(マイナンバー)を用いることができます。

以上、「おまとめローン」を賢く利用するための情報です。複数の金融機関からの借り入れがあるために、生活があわただしく、落ち着いて将来を考えることができないという場合には、まっさきに考えてみることをおすすめします。借り入れを一本化することで、生活が大きく好転するきっかけになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


おまとめローンは誰でも利用できるわけではなく審査があります。月々のクレジット支払い、ローンの支払い、通常の公共料金、固定費の支払い。大体は口座引き落としが多いのですが、それぞれ違った銀行、日付だったりすると毎月面倒です。とくに働いている人にしたら貴重な昼休みなどに銀行へ行って並んで操作してというのは手間です。そういったデメリットを解消してくれるのがおまとめローンです。銀行があちこちの支払いをまずは返済してくれます。

そしてそれからは毎月銀行の口座から引き落としされていくので、給与口座とおまとめローンの口座が同じならばいちいち出金してまた別の口座へ入金するという作業はしなくて良くなるし、一つにまとまることによって心理的に楽になるというのが最大のメリットです。ただ、これは誰でもできるわけではありません。当然ながら審査があります。年収を大幅に上回ったローン額だったりすると厳しいでしょう。実際におまとめローンの審査に受かった人の話を聞きますと、ギリギリだった、長年給与口座にしておいたので何とかクリアできたということでした。おまとめローンにしても返済期間など計画的にしないと金利などで結局返済金額は大して変わらないということもありますのでよく調べることが肝心です。

おまとめローン)は銀行系カードローンで複数のカードローンからキャシングを利用していると、毎月それぞれの返済だけで大きな額になりかねません。返済日も違えば、管理するのにも気を使います。そんな時には、限度額の大きいカードローンを契約し、複数のカードローンのキャシング残高を1ヶ所にまとめた方が、それぞれに返済している時よりも、毎月の返済額は小さくなる可能性が高いでし、金利も下がる可能性も期待出来ます。それがおまとめローンです。カードローンには、消費者金融系と銀行系に二分されますが、おまとめローンに利用するならば、総量規制の対象外である銀行系カードローンへ申込むのが良いと考えます。※この記事の参考サイト:(おまとめローンバカ/通りやすいおまとめローン。おすすめのローンを紹介しています。

消費者金融系カードローンの場合、現在の複数のキャシング残高が、既に年収の1/3を超えている場合に、新たな契約の為の審査が通らなくなってしまうからです。銀行系カードローンの場合、安定した収入のある方であれば、300万円の限度額を得ることも可能です。300万円までの申込みに、収入証明を不要としている会社も多くなっています。当然、厳しい審査を通らなければなりませんが、過去にキャシングやクレジットカードの返済などが滞ったことなどの金融事故がないのであれば、銀行系カードローンでおまとめローンを検討されるのが良いと考えます。

金利を比較し、高い場合には借り換えも。 まず、キャッシング、カードローンともにそうですが、まずは金利を比較すること。 カード会社、それぞれ違う金利となっています。当然借りるならば、低い金利を選ぶべきです。 例えば、数%のものもあれば数十%のものもあります。5%の金利と17%の金利とはだいぶ違いますよね。 毎月の返済もそうですが、最終的な返済総額もだいぶ違ってきます。ちりも積もれば山となるというところでしょうか。 そして、思い出して高い金利で借りてしまった人は、ぜひ借り換えを考えてみてください。 それは高い金利で借りている借金を、より低い金利のもので借り換えるということです。 A社で借りている40万円で、その金利が15%だったとします。そういった場合、A社で借りている金利よりも低い金利の会社から借りて、返済します。そうすることによって、低い金利の返済をすることになります。 お金借りるならどこがいい?この借り換えは非常にお得になります。50万円を借りた場合などは、返済総額でだいぶ違うと思いますよ。 最後に、借りる場合は、金利を比較し、借り換えなどの検討をしてみてください。 高い金利や、何も考えないまま返済していると、本当に高い金額をずっと返済することになってしまいます。どうせなら、お得に借りて、お得に返済しましょう。

当サイトを作成するにあたり参考にさせていただいたWEBサイト
消費者金融に関して
免許・許可・登録等を受けている業者一覧